Return to site

ドリッパーの型の違い(ハンドドリップ編)

さてさて、こんにちは。
ニュートラル東京のひかりです。
今日はドリッパーの形の違いについて、こんな記事を見つけました。
みなさんは台形型と円すい型のどちらをお使いですか?
実は、私は布コーヒーフィルターを作るまで、ドリッパーの形に種類があると気がついていませんでした(今では試行錯誤のために何種類か持っています)。
布コーヒーフィルターを作る前に、古い友人でもある下北沢のカフェのマスターに相談してみると、「うちのドリッパーは円すい型だけどね」と言われて、はじめて円すい型の存在に気がついたのです。
そういえば、アメリカでコーヒーのサードウェーブが生まれた頃に、なんと日本のハリオ(円すい型ドリッパー)が使われている。それがサードウェーブ流!と話題になっていたことを思い出しました。
でも、内心はドリッパーの形で味が変わったりするのかなぁ…と、思っていました。
はい。先に結論から言うと、
台形型と円すい型では味が違います。
はじめて飲み比べた時、『コーヒーは淹れ方や道具で味が変わる』というのは本当だったんだ!と思うほどでした。
これはですね、説明するよりみなさんも是非試してみてください。
きっと「ん?これは…」と感じると思いますよ。
ペーパーフィルターと布フィルターでも味の違いがありますが、ドリッパーの形でも味の印象はずいぶん変わります。
コーヒー豆の種類を選んだり、豆の挽き方や淹れ方、道具など、こだわりどころは色々ありますが、色んなことを試すうちにお気に入りの方法を見つけていくのもコーヒーを淹れるの楽しさのひとつではないかな、と思います。なかなか奥が深いですね。
どの方法が一番いいのか答はないと思いますが、すべてのタイミングがほどよく交わった時に美味しいコーヒーが淹れられるじゃないかなぁ、と思っています。
が、あまり深く考えなくてもいつも美味しいですね。
ちょっと変わった形のドリッパー、カリタのカフェ・トール。
台形型フィルターが使えます。一杯用のドリッパーを使う場合は、布フィルターの上部を折り返して使うと、気持ちよくフィットします(折り返してない写真でごめんなさいね)。
それではこの辺で、またまた。
+Keep Calm and Make Coffee!
未晒し木綿の布コーヒーフィルター『ひととき』 @ オンラインショップはこちらから
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly